top of page
  • 執筆者の写真SHADOW EGG

プロローグ

──古代オー文明



はるか昔──古代の人々は地上だけではなく大地を浮かばせ、空に浮かぶ街に住んでいた。


点々と浮かぶ小さな島と地上と空の大地を行き交う飛行船。

島と島とつなぐ薄い透明の反重力の道。

レーザーのような光で包んで浮かんで自動で物を運ぶ導力ロボット。

決して人口は多くはなかったが国という概念もなく、争いもない世界。

そんなはるか昔に存在した高度な文明が『古代オー文明』と言われている。


しかし、古代オー文明は『星の厄災』と呼ばれる未曽有の危機により滅びたと言われており、人類だけでなく動物を含む生命そのものの多くが存在を失った。

世界の崩壊の影響でその文明も無に等しいほど衰退したと言われている。


文明が滅んだ今でも『星の厄災』は教会の伝承として語り継がれるほどの伝説としてずっと語り継がれてきた。

文明は完全に滅んでも少ない人類たちは再び少しずつ世界で再興していった。

そうして長い長い年月を経て、国が生まれ、新しい歴史が生まれていった今もなお、古代オー文明の残骸や遺跡は未だ世界の各地に散らばっている。

今『彼ら』がいるゴルモン遺跡もその滅びた古代文明の遺跡である。


『彼ら』とは何者か?


常識的に考えるとするならば、古代のオー導力を発掘して一攫千金を狙う発掘隊や冒険者か、もしくは歴史を解明するために訪れた考古学者あたりだろう。

しかしそのどれでもない。今このゴルモン遺跡にいる彼らとは──


『少年兵』と『王女』である。


オドン帝国 第4独立特殊部隊所属 アルフレッド=ホークマン


仲間達からアルフと呼ばれる少年は特殊部隊に所属する軍人であり、アルフが短剣の剣先を相手に向けている。


その相手はアルメリア王国、第1王女 名はセティナ=ラ=アルメリア


王女である彼女もまたアルフにレイピアの剣先を向けている。

遺跡の空気は冷たく、コケのはえた天井から漏れた地下水脈の水滴の音が地下の部屋に響き渡る。


一国の王女と他国のエリート少年兵が剣先と敵意を向け合い、緊迫した空気を漂わせている。

なぜ冒険者でもない、盗賊でもない2人が古代文明の遺跡で刃を交えようとしているのか?

物語の主人公であるこの少年少女が今に至るまで、4日前にさかのぼる────



最新記事

すべて表示

32話『アルメリアの鐘は訃報に鳴く16』

「ハァ──ハァ──ハァ──!」 森の中に散らばった、小さな枝木や落ちた枯れ葉を、縦横無尽に後ろに蹴り上げながら、セティナと仮面の男はウルジの森を走り抜ける。 死の淵に立った事、そして荒れた道を全力で走る──なんて事に慣れていないセティナの呼吸は、仮面の男に比べてわずかに荒くなっていた。 セティナの瞳に、褐色肌の男の背中と──そして肩から吊るして腰の後ろで揺れている、グルグルに巻かれた黄土色のラグマ

31話『アルメリアの鐘は訃報に鳴く15』

「──リゾルテ」 褐色肌の男が、口元で小さくつぶやいた。 それはまるで、黒──いや白い色素をすべて反転させたかのように、不気味な三日月状の斬撃が空間を切り裂いた。 残像が瞬く間に消えていくとともに、セティナたちを包んでいた青いドームが、まるで壊れたステンドガラスのように破片となって地に落ちた。 その─無数に散った破片たちは、青い輝きを放ちながら拡散するように消えていく── 「────え」 セティナ

30話『アルメリアの鐘は訃報に鳴く14』

セティナの指先が震えていた。 自身の眼で、初めて人の死を見た恐怖が体の感覚を鈍らせるのか、剣を手にとる事を防衛本能が止めていたのだろうか。 そんな自身の指先が震えてるの見て今、自身が置かれている状況を冷静に再認識しようとした。 ザヤックは恐怖のせいか、空虚を見るかのように前方を見ていた。 セティナは自身の斜め前で怯えているザヤックの横顔を見て、今できる──たったひとつの選択を精一杯叫んだ。 「──

bottom of page